スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経緯と心境について

今、出張のため名古屋にいます。
久々にのんびりと一人でいるので、今までの経緯と心境を述べたいと思います。

5月に預かり出した5頭のミカンブラザーズにうちハッサクとブンタンは以前にも書いたように、正式な里親さんのところで可愛いがられつつも、未だ真菌の治療を続けているそうです。特にハッサクが2度目のワクチンを接種した際に、全身真っ赤になって痒がったそうですが、里親さんの献身的な看病で快方に向かっているとのこと。

次に引き続き預かっていたうちの2頭、キヨミとイヨは先週お届けでした。この仔らも真菌が中々治らず、かと言ってどんどん成長するのにお渡し出来ないのも…ということで、2度目のワクチンを打ったあとで状態をみてのお届け日決定となりました。

それで残りのポンカンは、まだ預かっています。そして出張ということは、お留守番をさせていることになります。

本来は出張にあたり、ねこの会へ戻す予定でした。しかし、そこで管理している猫の頭数や事務所移転、ポンカン自体も真菌が治りきっていないことなど、諸々の問題があり、事務所で預かるよりも、家で自由にさせ、会のメンバーの方に来てお世話して貰う方が、リスクが低いということになりました。

これにはアッシュのことが思い起こされ、家に置いて行くのは避けたかったのですが、冷静に判断すればこの状態がベストですし、ポンカンはアッシュと異なり他の人にも向かっていくタイプなので、アッシュの様な事は無いと自分に言い聞かせ、出て来ました。

以上が経緯の概要です。

そしてこの間にアッシュの月命日が2回過ぎて、居なくなってから7ヶ月以上過ぎた事になります。あと半年も経つと、アッシュが来てから居た時間よりも、居なくなってからの時間が長くなってしまい、その時にどう思ってしまうのか、自分でも少し怖いです。
はたきにじゃれつくアッシュ


それが為にそれまでにアッシュに似た仔を探そうと思い、様々な方から情報を頂いたりもしたのですが、この仔だと思える仔がいないだけでなく、その様な変な拘りを持つ事がはたして良いものなのかと思う様になっています。

里親募集の猫を探すたびに関連した悲しい情報なども合わせて入ってきます。また、アッシュを頂いたねこの会にはたくさんの里親を待つ猫もいて、そういう状況で自分だけが特定の条件を待つなんて、図々しい気がしてならないのです。

そのため、ここしばらくはネット上での活動並びに里親募集の中でシャムミックスを探すことを敢えて辞めていました。
今、家にはポンカンも居る事ですし。ぶろぐ閲覧頂いた方から情報を頂いたにも関わらず、返信せずに申し訳ありませんでした。

ただ、それでもアッシュにはまた会いたいのは事実です。

ポンカンのお世話をしながら、もう少し考えてみます。

スポンサーサイト

COMMENT - 3

猫子猫  2014, 07. 09 [Wed] 11:11

No title

出張お疲れ様です!
アッシュ君の前例はアッシュ君の性格と月齢によると思うのでポンカン君は大丈夫だと思います。そして、似た子を探すのを図々しいとは思いませんが、やはり見た目より魂で探すことをお勧めします。運命の子はきっといますよ!
   (⌒^⌒)b

Edit | Reply | 

-  2014, 07. 23 [Wed] 21:07

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

-  2014, 08. 21 [Thu] 04:38

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。