スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟

叱咤激励のコメントを多数いただきまして有難うございました。
色々と落ち込もしましたが事実は受け止めて、最後までアッシュの看病していく覚悟ですし、強制給餌を行って1日でも長くいてもらい、奇跡が起きる事を願って出来ることをやっていこうと思っています。

というのも10/9にアッシュを病院に連れて行き、定期的なインターフェロン接種の際に先生の見立てでも
いよいよ覚悟が必要な時期になってきた」と言わしめる状態だったからです。

アッシュの体重は3kgジャストで、特に下半身の筋肉が落ち、いかにも栄養失調状態であるといわんばかりのガリガリの状態ですし、FIP起因と思われる眼の炎症と鼻炎を発症しており、素人の見た目でも相当状態が悪いのは自明なので、当然なのかも知れません。

そのアッシュの状態から先生よりステロイド接種を提案されたので、その日はインターフェロンに加え、皮下補液とステロイドを接種しました。また眼の状態も良くないので、抗生物質とステロイドの2種類の点眼薬を処方されています。

他にも強制給餌をためらった事による体重減(2週間で0.8kg減)に関しても、色々を質問し、他の方から頂いたコメントなどを総合して推敲し、アッシュには余計な事で辛い思いをさせるのでしょうが冒頭に記載したように再開しています。

今のところ1日にa/d缶を水で若干溶かしたものを75ml~100ml/日程度与えています。
本当は必要カロリーに到達していないのでもっと与えたいのですが、ここ1週間ほどはアッシュがまともに食事どころか水分も与えきれていなかったことから少な目から実施しています。

a/d缶には水分だけでなく、今まで購入したサプリメントや漢方薬も混ぜていますし、あびぃ♪さんから教えて頂いたミナスプロン、それにその派生から検索したどり着いたラブレ菌も新たに与えています。

ミナスプロンはペット用のプロポリスで免疫力向上が期待できるようです。またラブレ菌は定期的に与えることでインターフェロンを生成し、その結果、ウイルスに打ち勝つことが期待できるようです。
ラブレ菌に関してはカゴメのサイトに分かりやすく記載されているので、興味のある方は下記のリンクをご参考ください。
http://www.knk-lab.jp/ingredient/labre.html

話の内容がタイトルから逸れて与えているサプリの話になってきたので、今日はこの辺りにしておきたいと思います。また、今後のブログ記事には同じようにFIPで苦しんでいる猫やその飼い主の方のためになるような情報も書いていきたいと思います。

では最後に今(10/11 1時)のアッシュの写真を掲載して終わりたいと思います。たまに鼻をズーズーとしていますが呼吸は穏やかです。
DSC02639.jpg
DSC02641.jpg
スポンサーサイト

COMMENT - 13

あびぃ♪  2013, 10. 11 [Fri] 06:03

ミナスプロン

らどたんさん、おはようございます。

アッシュ君、お食事を再開したんですね。
苦しいかもしれないけど、いっぱい、いっぱい食べて、
少しでも元気になれます様に。

アッシュ君、お薬はのんでくれますか?
ミナスプロンはお食事に入れるよりも、
薬局で売っている空カプセル(3号)に入れて
服用させた方が確実に1日5mg摂取させられます。
3号カプセルだと2~3㎎入りますので、朝晩の服用です。
今のアッシュ君には辛いかもしれませんが、
出来ればカプセルをご検討下さいまし。m(_ _)m

私は猫は愛情も食べて生きていると思います。
アッシュ君の寝顔、とっても穏やかで安心していますね。
らどたんさんの愛情もたっぷり吸収しているからだと思いますよ。

Edit | Reply | 

ニャン子  2013, 10. 11 [Fri] 09:22

拝見しました。

今が一番底で、少しづつで良いので前に進む「奇跡」を願います。

やはり猫は、何もしなくても側に居てくれるだけで癒されるし、幸せな気分にさせてくれるから…。

いっぱい・いっぱい、撫でて、話しかけて、力を注いであげて下さい!

奇跡を願ってます。

Edit | Reply | 

-  2013, 10. 11 [Fri] 20:26

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

猫子猫  2013, 10. 12 [Sat] 07:04

No title

発作がおこらないようで何よりだと思っています。ますます辛い状況でしょうが、優しくて強い心で奇跡を信じて看病してください。
アッシュ君ガンバ!o( ̄へ ̄o)

Edit | Reply | 

ジジまま  2013, 10. 12 [Sat] 22:10

No title

アッシュくん 辛い状態ですが 穏やかな寝顔をしてますね
らどたんさんの愛情をいっぱい貰って安心しているのでしょう
奇跡を願い 祈っています
アッシュくん 元気になってね

Edit | Reply | 

-  2013, 10. 14 [Mon] 23:58

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 22:47

Re: ミナスプロン

> あびぃ♪さん
 度々の情報有難うございました。
 
 オブラートの存在は知っていましたが、カプセルが販売されている事は初耳でした。
 早速3号カプセルを入手したのですが、結果は駄目でした。
 3号でも今のアッシュにとっては飲み込むにしては大きな物みたいで、
 うまく飲み込むことが出来ませんでした。
 
 ただ、この情報は他の病気の猫には有用な情報ですので、
 出展を明らかにして私のブログでも案内したいと思います。
 
 そして液体や粉末のサプリや薬を与える事に困っている
 方の助けになればと思っています。

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 22:54

Re: 拝見しました。

> ニャン子さん
 本当にいつもコメント頂き有難うございます。
 
 アッシュに話しかける事は当初恥ずかしさがありましたが、
 今はなるべく声をかけてあげいます。
 後、アッシュの中にいるであろうFIPウイルスにも。
 「宿主であるアッシュを殺したら君らも一緒に無くなるんだから、
  共生して今の1/1000の活動にしなよ」とか。
 
 聞き入れてくれると有難いのですけれどね。

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 22:58

Re: No title

> 猫子猫さん
 今は発作らしい発作が無いのが救いです。
 FIPは脳神経も冒すことがあるので、そうなった場合の事も考えておくべきなのかなと
 マイナス思考もしつつ、それでも現状の鼻炎、口渇、眼の炎症と体重減を克服できる
 奇跡が起きればとおも思っています。
 

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 23:01

Re: No title

> ジジままさん
 寝顔が穏やかな事が本当に救いです。
 一時期の胸水貯留が起きなくなっている事が要因だと思われます。
 夏場はその胸水が原因でアッシュが全然眠れていなかったので、
 これはプラス要因かなと思っています。
 
 良く寝てウイルスに打ち勝つ免疫力をつけてもらればなと。

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 23:09

Re: No title

> まめはなのクーさん
 励ましのコメント有難うございました。
 しかしまめはなのクーさんはこれよりも辛い思いを
 今年2度も体験されたと思うと、
 むしろこちらが何と言ってよいのか分かりませんし、
 事実、ブログを拝見した際にどうコメントすべきか悩んで、
 おくやみのコメントらしい事が書けなかったのに、
 こうしてコメントと励ましを頂いて大変恐縮です。
 

Edit | Reply | 

-  2013, 10. 19 [Sat] 23:15

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 21 [Mon] 21:55

Re: No title

> 鍵コメさん
 長いところ報告せずにご心配お掛けしました。
 状態は良いとは言えませんが、その状況の中でもまだ頑張ってくれています。
 

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。