スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過のご報告

色々と励ましのコメントや情報を頂き有難うございます。
返信させて頂きたいのですが、ブログでさえ新しい記事を書こうとしては
閉じてしまう事を繰り返しているメンタルの弱さから
返信にはもう少しお時間をください。

アッシュですが、まだ家にいてくれています。
しかしFIPに起因するであろう鼻炎と口渇それにともなう鼻づまりや咳をしており、
とても辛そうです。そのため強制給餌がほとんどできておらず、
そろそろ体重が3kgを割りそうな状態まで来ています…。

この鼻づまり、咳に関しては病院から抗生物質の錠剤を支給され、
それを与えると一定時間は緩和されている様ですが、
対処療法のため根本原因の解決には至っていません。

そんな厳しい状態にもかかわらず、
お風呂にはついてきてお風呂の蓋で寝そべっているだけでなく、
ふっとこちらが湯船で寝てしまうと、
「ニャァ」と声を掛けてくれて気を使ってくれますし、
寝るときはベッドに上ってきて鼻をズーズーしながらも
ゴロゴロ言いながら弱弱しい足踏みをして
それから腰や股、腕などの隙間に入って一緒に寝てくれます。

動きもかなり緩慢になってきている事から、
かなり逼迫した状態になってきていると思いますが、
強制給餌をすると涙目で咳き込み苦しそうにしているアッシュをみていると
それ以上の事ができなくなってしまいます。

本当に何もしてあげられていないのが辛くなるし、
その辛さから安静にしてもらうというこじつけで
休みは家を出たくなる時があります。

こういう柔弱な事になってしまうから、
男性の一人暮らしにはペットを飼う資格が無いと言われてしまうのかな…。
本当に情けない飼い主でごめん…。

スポンサーサイト

COMMENT - 16

nekosaku  2013, 10. 07 [Mon] 08:47

大変な中、ご報告いただきありがとうございます。
アッシュくん、パパさんともに辛い状況、お察しいたします。
パパさん、軟弱や情けない飼い主じゃないですよ。
そうだったら、アッシュくんが弱々しいながらも、甘えたりしませんよ!!
誰だって、この辛い状況が続きけばそう思ってしまうでしょうが、ひとりでアッシュくんを全力で支えている姿に、共感しますし、素晴らしいなと思っています。
ただ、言葉や文字にすることで、気持ちが少しでも前向きになれたのではないかとも思います。
強制給餌もままならず、鼻炎等も発症し、もどかしく辛いでしょうが、前向きになって突き進んでください!!
相変わらず応援することしかできませんが、、、アッシュくん&パパさん、がんばれ〜負けるな〜!!!!

Edit | Reply | 

猫子猫  2013, 10. 07 [Mon] 19:14

No title

↑の方がおっしゃる通りだと思います。全力で愛情をそそがれてアッシュ君は幸せ猫ですぉ。二人(猫)とも辛いでしょうが、頑張ろう!私も全力で応援してますわよ(黒子風)

Edit | Reply | 

ぐーやま  2013, 10. 07 [Mon] 19:52

No title

こんばんは

今は自分とアッシュくんのことだけを考えてくださいね

ふたりが巡り会ったのは絶対に意味のあることだと思います
らどたんさんにとっても、アッシュくんにとっても

うまく言えませんが、もし猫に生まれ変わったら、
らどたんさんのような人に飼われたい
お世辞じゃなくて、本当にそう思いますよ

Edit | Reply | 

クリームにゃんこ  2013, 10. 07 [Mon] 21:13

具合が悪くても、お風呂に付き合うアッシュ君。息子の事が心配な母親みたい。もうすっかり家族ですね。家族愛を感じます。

病気の家族に何をしてあげたらいいのか悩み、辛そうな様子を見るのは辛いですが、アッシュ君の気持ちに寄り添っていけば、きっとアッシュ君は幸せだと思います。

Edit | Reply | 

リアノン  2013, 10. 07 [Mon] 22:47

No title

何もできない、というのは、間違ってるよ。

そばにいてあげる、という、最高のことをしてあげてるじゃないですか。

アッシュくんはお風呂やベッドについてきてるんです。
食事はいらなくても、らどたんさんのそばにはいたいんです。
アッシュくんが今一番望んでることを、ちゃんとしてあげてるじゃないですか。

何らかの覚悟は必要なのかもしれません。
でも、それは、いなくなることを覚悟するのではなく、
できるだけそばにいてあげて、しっかり見つめてあげる覚悟です。

心細いアッシュくんを支えてあげれるのは、世界にらどたんさんしかいません。

人と暮らす猫にとって、それ以上の望みはないのだ、という確信が私にはあります。

つらい時は、このブログで弱音をどんどん吐いて下さい。

我々みんなで、支えてあげます。
そして、必要があれば、時には叱ってあげます。

Edit | Reply | 

ニャン子  2013, 10. 08 [Tue] 01:35

らどたんさん、大丈夫ですか?
アッシュくんの闘病を、お一人で受け止めてる毎日。思わず外出してしまいたくなるお気持ち…よくわかります。
でも、それは男性だから・一人暮らしだから…では無いですよ。
このブログを読んでいる、私を含め皆さんも猫を飼っていたり、猫好きな方々だと思いますが、同じ立場になればきっと、らどたんさんと同じ様に居た堪れない気持ちになるはずです。

アッシュくんが、らどたんさの家に引き取られたのも「運命」
まだまだ可愛い仕草を見せてくれるアッシュくん。本当に良い子ですね。
いっぱい撫でて、触れ合って下さい。
私には祈るしか出来ませんが、今晩もそうさせて頂きます。

何か、有効な治療は無いものか…。

Edit | Reply | 

-  2013, 10. 08 [Tue] 18:09

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ジジまま  2013, 10. 08 [Tue] 23:46

No title

らどたんさんは 全然 情けない飼い主ではありませんよ むしろ 私は尊敬しています
一生懸命 アッシュくんと一緒に病気と闘っています 何も出来ないと ご自分を責めないでください
傍にいるだけでも アッシュくんは幸せなんです
アッシュくんも 精一杯 らどたんさんの愛情に応えていますよ
私は見守るしか出来ませんが このブログを通して
みなさんと 一緒にお祈りしたいと思います

Edit | Reply | 

まちこ  2013, 10. 09 [Wed] 20:21

アッシュくんにはらどたんさんしかいません。アッシュくんの大好きはらどたんさんだけです。私も愛猫と4ヶ月間の闘病生活をしました。毎日仕事中も心配で心配でたまりませんでした。泣きたい気持ちをぐっと我慢して、笑顔で接することしか考えてなかったです。悲しんでると気持ち伝わってしまうから。らどたんさん、どうか肩の力を抜いてアッシュくんを沢山撫でてあげて下さい。沢山お話してあげて下さい。みんな見守ってくれてるから大丈夫。

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 21:41

Re: タイトルなし

> nekosakuさん
 度々のコメントありがとうございます。
 nekosakuさんを始め様々な方からの激励があったので、
 こうして今もアッシュを抱いてコメントができているんだと思います。
 
 強制給餌を極端に嫌がる、目薬も同様に手を出してまで抵抗するなど、
 本当にアッシュのためになっているのかと自問することは多々ありますが、
 出来ることはなるべくしてあげ、そしてどのような結果にしろ
 これ以上の後悔をしないようにやっていこうと思います。

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 21:50

Re: タイトルなし

> クリームにゃんこさん
 度々のご訪問ならびにコメントありがとうございました。
 
 そうなんですよね、今も疑問に思いながらも続けているのが強制給餌です。
 嫌がって顔を背けたりしているのに与えて良いのかと…。
 ただ、それで放置し、みるみるやせ細って衰弱死しそうなアッシュを見ているのも
 忍びないですし、本当に正解が無いというのが悩ましいです。

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 22:10

Re: No title

> リアノンさん
 叱咤激励、本当に有難うございました。
 頂いたコメントには本当に背中を押された感じでした。
 
 お蔭様で強制給餌も再開出来きて看病を続ける事が出来ていますし、
 今もアッシュが膝の上で私の右腕を枕にして、
 浅いながらも寝息を立てて寝ているのもリアノンさん含め、
 皆さんのコメントのおかげです。
 

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 22:20

Re: タイトルなし

> ニャン子さん
 皆さんからコメント頂いたようにで今はなるべく一緒に居るようにしています。
 膝の上に抱えてあげるとそこで穏やかな顔で仮眠してくれているので、
 家にいるときはずっとこうしてあげたいですね。
 
 親馬鹿というか飼い主馬鹿というべきなのかもしれませんが、
 アッシュは本当に良い子です。
 膝の上でも香箱をつくってしっぽはくるんと後足の傍に丸めて置いています。
 またよっぽどの事が無い限り鳴きませんし、
 なぜこんな良い子が過酷な運命を背負ってしまったのかなぁと思わずにはいられないです。

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 22:33

Re: No title

> 鍵コメさん
 コメント有難うございます。
 ご近所で偶にお会いすることもあったり、他の方からお聞きになる事あってか、
 余計なご心配をお掛けして申し訳ございませんでした。
 
 アッシュは来るべくして私のところへ来たので、
 責任を持ってアッシュを見守っていきます。
 
 その際にもし自分の手に余る様な事があればお願いする事あるかもしれまんが、
 今は何とか自分自身でできているのでお心遣いだけ感謝し、お礼致します。

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 22:37

Re: No title

> ジジままさん
 いつも励ましのコメント有難うございます。
 また、いつも情けない事ばかり書いてしまい、恥ずかしい限りです。
 
 頂いたコメントを参考に3連休はなるべくアッシュと一緒に居ました。
 またそれだけでなく、膝の上に載せたり撫でたりと当たり前の事なのに
 やっていなかった事をできるだけしてあげました。

Edit | Reply | 

らどたん  2013, 10. 15 [Tue] 22:42

Re: タイトルなし

> まちこさん
 4か月も闘病生活に付き合われたとの事、大変尊敬します。
 その時のまちこさんの気持ちは良く分かります。
 こういうのは実際に体験しないと細部までは分からないのだなと…。
 (本来は味わいたくは無いものですが…)
 
 お蔭様でここ数日は肩の力を抜いた看護が出来ていると思っています。
 …と書いている矢先に台風が来るというので、
 明日のお昼は強制給餌が出来ないのかなと、
 懸念事項が減りそうにないですね…。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。