リヨンが食べない

P1310147.jpg

今週はじめ頃から、リヨンがドライフードを食べなくなり、用意しても食べるのは小夏だけ。
ウェットもあまり食べずにイカを茹でたものを食べる程度。

アッシュのことがよぎり、また FIP なのかと暴れる小夏を無理やり抱いてとりあえず体重測定。
特に問題ないどころか増えていました。
肉付きも体温も正常ですし、トイレの排泄も問題ないようにみえます。

いずれにしても、平日は動物病院に行く時間がないので週末まで様子みたら、理由が判明…。


おい、リヨン。


前々から食いしん坊だとは常々思っていたけれど…一番の大物狙うか。

P1021042.jpg

P2070205.jpg

まあ、手の届くところに置いていたのがいけないのでしょうが。
とりあえず、理由がわかり病気ではないということが判っただけでも良しとしますか。
スポンサーサイト

今更ながら今年の抱負

今年は少しでも情報発信し少しでも多くの人と交流を深めていこう、と思ってからはや一カ月。
本当に時が経つのが早いですね。

ブログもかなり放置気味で、かつ書きたいと思っていた FIP の事もなかなか手をつけておらず。
これじゃアッシュが草葉の陰で嘆いているような気がします。
ということで、まずは気持ちを入れ替えるためにまずは体裁を変えてみました。

このブログに訪問される方を見ると、やはり FIP の事を調べて調べてたどりついたように見えます。
自分がそれこそアッシュのことを何とかしたいと思ったときの気持ちと同じ状況ではないかと思います。

そのため、やはり少しでも何か役立てることができればと、メニューに FIP のカテゴリーを載せてみました。
救急箱のアイコンがそうです。
ただ、まだ情報は前回と変わりありませんが、週末に文章をまとめて月に 1 回ペースでアップできればと思っています。

さて、リヨンと小夏ですが、無事にアッシュよりお姉さんになることができました。
対して大きな病気もせずに健やかに成長してくれてうれしい限りです。
たいがいお互いにわれ関せずという雰囲気でとても仲が良いとは行きませんが、時々はくっついたりじゃれあったりしていて、それなりに仲良くやっているようです。





このブログを書いている最中にはリヨンが小夏にちょっかいをかけて返り討ちにあっていました。
プライドが高く主張が強いリヨンに対して、控えめな性格とは裏腹にパワーがある小夏とタイプが違う 2 匹に癒されながら生活しています。
小夏にちょっかいをかけるリヨン

反撃する小夏

小夏のパワーに負けるリヨン

贅沢いわば、アッシュのように甘えん坊が欲しいというか、アッシュそのものが居てほしいのですがそれは贅沢というもので思い出の中で懐かしみたいと思います。

以上、今後の方針を兼ねて状況報告です。
それでは次回は週末には新しい内容を更新できるように頑張ります。


最近、投稿数が少なくなって、チェック不足だった Instagram ですが、ふと PC 上からログインしてみると、コメントといいねができるようになっていました。
以前は確か写真を閲覧するだけだったような気がしますが…。

ということで少し前に投稿したリヨンを望遠で撮影したものをピックアップしてご案内


次の写真の眼が見下したような感じで面白い構図だったのですが、ブレてしまい、勿体ないことをしました。


後、Instagram でお伝えしたいことがあり、他の方のアカウントを勝手に紹介します。

https://instagram.com/kana_n/

何故かというと、投稿されている内容の殆どが、以前家で預かっていたシェリー (現在はもちちゃん) だからです。
ほんとに可愛い娘に育っていて、とても幸せそうに暮らしています。

こうやってネットで自分の飼っている猫だけでなく、関わってきた猫の様子がみれるというのは、本当に嬉しいですね。

リヨンの行儀

今日はリヨンについて書きたいと思います。

リヨンは水飲みの場合に手からすくって飲むタイプです。


一見行儀良さそうに見えますが、餌を食べる時が微妙です。
お皿にあるフードを一旦床に置いてから食べます。
ドライフードならまだましもウェットフードでもそれをやるので、如何したものかと思案しています。
個性としてとらえるべきか、修正すべき癖としてとらえるべきか。

小夏の体毛について

小夏の兄弟は以前一緒に預かってた小町 (赤キジの女の仔) 以外にももう一頭いました。
それが小粋。下の写真右上の仔がそうです。
(ちなみにこのとき小夏は死角で縮こまっていました…。)
DSC06989.jpg

見ての通り長毛です。
ただ男の子だけあってか 3 頭のなかでは、比較的馴れたので、いち早く里子にでました。
DSC07032.jpg

何故、小粋の話を出したかというと、小夏の体毛についてです。
この時期は良く抜けるのは周知の事実ですが、小夏の場合ちょっと多いようです。

この様に寝転がるものならば、周りに毛が散乱しており、なかなかに掃除が大変です。
P4290028-(1).jpg

毛の量もリヨンやアッシュと比べてかなり多いようで、触った時のいわゆるモフモフ感はかなりなものです。
因果関係は不明ですが、小粋のような長毛の兄弟がいるということもあり、この毛の量の多さなのかなとも思っています。
DSC09612.jpg

ただ少しだけ気になっているのが、お腹の毛。
これだけ密集した体毛があるにもかかわらず、お腹のところだけは毛が非常に少なく地肌が見えています。
対してリヨンはお腹までびっしりと毛で覆われています。

今年の 1 月に不妊手術をしたときに毛刈りされた場所なのですが、もともとあまり生えていなかったのかは、あまり記憶にないんです。
P5240101_20150607224838669.jpg

ただ、ネット上で他のキジ猫の写真を見る限りだとお腹まで毛が生えているので、小夏はこのままで大丈夫なのか少し懸念しています。
DSC09445.jpg

とはいえ、行動や便などからは異常は見られず、むしろ健康そのものなので、そういうものかなと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。